GFRP BODY

GFRP ボディ

GFRP BODY の高剛性・超軽量ボディについて

日本の消防ポンプ自動車の材質は、過去から現在に至るまでスタンダードが鉄で構成されていました。従来の鉄フレームでは重量制限による水・資機材の過小積載の問題、また、日本の地理・気候的に塩害等による腐食の被害が問題視されています。

この2つの問題を打破すべくフレームの材質にGFRPを採用することによって、重量及び腐食の問題をクリアし、モノコックボディにすることにより高剛性且つ超軽量ボディの開発に成功しました。

© WORLD CONNECT JAPAN Co.,Ltd.